不眠症の種類を知ろう

「不眠症の種類を知ろう」のフォトイメージです。

不眠症は、ただ寝付けなくなるというだけではなく、すぐ目が覚めてしまったり、寝ても疲れが取れないなどの症状も含まれます。ストレスが原因となっているケースが多いため、ストレスの溜めすぎには注意しましょう。

続きを読む

不眠症のセルフチェック

「不眠症のセルフチェック」のフォトイメージです。

辛い不眠症に効く睡眠薬を通販で買うならこちら。

リラックスして眠りに誘うルネスタのジェネリック医薬品を購入するならこちら。ルネスタについてやジェネリックについても紹介してくれています。

「寝たいのになかなか眠れない」「変な時間帯に何度も目が覚めてしまう」「起きても寝た感じがしない」
こういった症状に悩まされている方もいるのではないでしょうか。
もしかするとその症状は不眠症なのかもしれません。
不眠症と判断されるためには「睡眠不足であることが日常生活に支障をきたしている」というのが条件になります。
上記の症状を感じてはいるものの、別に日常生活に問題はないというのであれば、それはまだ深刻なレベルに至ってないので安心してください。
また、不眠に関する症状が1週間に何度も起こる、もしくは何ヶ月も継続して起こっているという場合、不眠症である可能性が高いと言えるでしょう。
医師に相談するというのももちろんひとつの方法ですが、最近はネット上に不眠症セルフチェックのためのコンテンツが多数用意されています。
いくつかの質問項目があり、該当する箇所にチェックを入力、そのチェック数に応じて不眠症かどうかを簡易的に検査するというものです。
あくまでも簡易的なモノにはなりますが、最近は医師が監修して制作しているセルフチェック表などもあるため、信憑性はかなり高くなっています。
無自覚なまま過ごしていることは危険ですので、ちょっとした空き時間にでもセルフチェックを試してみてください。

もしセルフチェックの結果、不眠症である可能性が高いと診断されたとき、無理に寝ようとしても意味はありません。
そこで、不眠症治療に欠かせないのが睡眠薬です。
睡眠薬を服用することにより、心を落ち着かせることで自然に眠りへ入ることができますよ。

睡眠薬を使って快眠

「睡眠薬を使って快眠」のフォトイメージです。

睡眠薬は不眠症治療に用いられる医薬品です。テレビドラマなどの影響で危険な医薬品というイメージも強くなっていますが、実際は心をリラックスさせ、自然な眠りを誘う安心安全な医薬品ですよ。

続きを読む

生活習慣を規則的に

「生活習慣を規則的に」のフォトイメージです。

不眠症改善に睡眠薬は効果的ですが、それだけでは根本的な原因を改善したことにはなりません。生活習慣を見直し、正しい睡眠サイクル・生活スタイルを身につけることも不眠症改善のための大きな一歩なのです。

続きを読む