不眠症の種類を知ろう | 安心快眠!不眠症にお悩みの方は睡眠薬で自然な眠りを

不眠症の種類を知ろう

「不眠症の種類を知ろう」のフォトイメージです。

現代病としてよく話題にあがる不眠症ですが、実は5人に1人は不眠症だと言われています。
不眠症になる年齢は関係なく、早ければ学生のうちから、遅ければ高齢となってから不眠症に陥ることもあります。
不眠症はもちろん、睡眠不足な状態が続いてしまうと、頭が正確に働かず、注意力や集中力まで欠けてしまうのです。
集中力が欠けてしまうと仕事や作業をしていてもミスが目立ってしまいますし、注意力が散漫になってしまうと大きな事故やケガにつながってしまう危険性まであるのです。
不眠症治療は心療内科などでもおこなってもらうことができるのですが、治療を受けていないという人がほとんどです。
これは通院がめんどくさいからというわけではなく、不眠症を軽く捉えているせいでしょう。
自分が不眠症だとは思っていない、もしくは多少の睡眠不足なら医療機関に相談するまでもなく自然に解消されると考えている人が多いのです。

不眠症と言ってもその種類は4つに分類されます。
なかなか寝付けない「入眠障害」、夜中に何度も目を覚ましてしまう「中途覚醒」、予定よりも早く目覚めて寝なおせなくなる「早朝覚醒」、そして寝ても疲れが取れていない「熟眠障害」です。
不眠症としてよく知られているのは入眠障害ですが、他にもこういった症状があることを覚えておきましょう。

不眠症になってしまう原因はいくつかあるのですが、現代人に多い原因はストレスです。
日々のストレスや不安から心が不安定になってしまい、それによって寝付けなくなってしまうのです。
また、ふだんから真面目な人やリーダーシップの強い人はストレスを溜め込みやすいため、不眠症に陥りやすいとも言われているので注意しましょう。